山﨑 潤一

神戸大学大学院経済学研究科講師

来歴:

2009 東京大学経済学部卒業

2011 東京大学大学院経済学研究科修士課程卒業

2017 ロンドンスクールオブエコノミクス PhD取得

2017 神戸大学大学院経済学研究科特命助教

2018 神戸大学大学院経済学研究科助教

2021 神戸大学大学院経済学研究科講師

英文履歴書はこちらからダウンロードできます。

研究関心: 開発経済学、​政治経済学、都市経済学、日本経済史

メールアドレス: yamasaki "at" econ.kobe-u.ac.jp

 

​週刊東洋経済の記事から来られた方へ

(元記事​はこちらになります。)

元になった論文は一橋大学経済学研究科帝国データバンク企業・経済高度実証研究センターからディスカッションペーパーとして発行されています。

 

以下参考文献です。

 

1. 集積の経済の実証分析についてのサーベイ論文:

Combes, Pierre-Philippe, and Laurent Gobillon. “The Empirics of Agglomeration Economies.” In Handbook of Regional and Urban Economics, 5:247–348. Elsevier, 2015.

Micro-foundations of Urban Agglomeration Economies

 

Duranton, Gilles, and Diego Puga. “Micro-Foundations of Urban Agglomeration Economies.” In Handbook of Regional and Urban Economics, edited by J. Vernon Henderson and Jacques-François Thisse, 4:2063–2117. Cities and Geography. Elsevier, 2004.

 

 

 

2. 高層ビルに関する最近の研究についてのサーベイ論文:

Ahlfeldt, Gabriel M., and Jason Barr. “The Economics of Skyscrapers: A Synthesis.” CEP Discussion Paper, July 2020. VoXでの紹介記事

3. 明治維新前後の大名屋敷の顛末について

松山恵さんの一連の研究書がまずは参考になると思います。

「都市空間の明治維新」

「江戸・東京の都市史-近代移行期の都市・建築・社会」

4. 私が記事の最後に参照したアルファベット社に関するForbesの報道はこちらになります。

 

5. リモートワークに関する興味深い最新の研究の一つはこちらになります。緊急性の高いタスクなどを行う場合は、対面に比べて生産性が落ちることが報告されています。